スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年01月03日

雪明り

 んだブログ復帰してまだ日が浅いのに、すっかりエロおやじモード…ちゃうちゃう本来のアカデミックで行こう!そんなわけで今夜は、住んでいる地域のネタで攻めたいと思います。
 年末から正月にかけて、寒河江市の流鏑馬通り(読み方はりゅうてきばではありません、やぶさめと読みます)に、行灯が灯され、優しい明かりが夜間景観を創り出しています。秋祭りの時と、年末年始の期間限定で点灯されるようです。夜間景観というと、仙台光ページェントに代表されるようにイルミネーションと相場が決まってますが、日本的な和の赴きもいいもんですねえ。





 流鏑馬通りとは、寒河江の中心部から八幡宮まで通じる商店街通りに行灯を設置。明かりを付けると、電球を囲むプラスチックに流鏑馬の絵が浮かび上がる仕掛けです。車で通り過ぎると見過ごしがちですか、雪道を歩きながらです、なかなか風情がありますよ。
 ちなみにワタクシは、昼行灯と呼ばれてますが…誰が安藤やねん…笑。




  


Posted by おさむ茶 at 20:34Comments(7)地域限定ネタ

2007年03月05日

豆腐田楽

 昨夜は内陸地方の田楽の日、我が家でも「まめまめしく働けますように (無病息災)」との願いを込めて豆腐田楽をいただきました。この由来どっかで聞いたことあると思ったら、庄内地方の大黒祭にそっくりやん、昔もパクリってあったんでしょうかw。



 昔からこの辺では、串刺しにして囲炉裏で焼くのがスタンダードな焼き方ですが、現代ではかなわずホットプレート代役…理由はともかく、健康を願う昔からの行事は、それなりの理由があるのでしょうから、大事に後世に伝えていきたいですね。



 さて、田楽につける味噌ですがゴマ味噌とふきのとう味噌を準備、どっちか迷いましたが、結局ハーフ&ハーフでいただきました。


  


Posted by おさむ茶 at 12:45Comments(9)地域限定ネタ

2007年01月24日

ご神体バトル

 寒河江市平塩地区に伝わる伝統行事で、男性のシンボルをかたどったご神体を奪い合う奇祭「御塞神祭(おさいじんさい)」は、旧暦1月15日(2月2日)今年も平塩熊野神社で行われます。 



 ご神体(男根)は昔から子宝のご利益があるとされ、松の木を削って作られたご神体は、小さいもので長さ約10センチ、大きいものは30センチほど計30本を男性たちが激しい取り合いを繰り広げる。ご利益をつかもうと必死の男性たちはご神体めがけて一斉に飛びつき、雪まみれ(今年の場合は泥まみれかな)になりながら数人が路上でもみ合う光景とその迫力たるや、プロレスのバトルロイヤルを ほうふつさせます。

          

 ワタクシですが、ご神体と間違われてつかまれて痛い思いをした記憶あるので、最近行ったことがありません(爆)。その熊野神社ですが、JR左沢線寒河江駅からタクシーで10分、20:30頃からバトル開始予定です、興味ある方はどうぞ!

  


Posted by おさむ茶 at 12:38Comments(8)地域限定ネタ

2006年12月24日

「芸術は爆発だ」

の名言で知られる岡本太郎センセイが亡くなってから久しいですが、氏のデザインによるオブジエが身近なところにありました。実は寒河江市役所の2階ロビーに「光る彫刻」という作品。大阪万博の太陽の塔に似たデザインですが、実に奇妙な形をしていてやっぱ爆発だ(笑)「お宝探偵団」に出したらいくら値をつけるかな?と言ったらゲージュツ家に怒られるかな?



あの小田和正がこっそり見に来たときもあるとか、ブログに載っていました。
~小田和正ブログより~
今日は山形から寒河江に足を伸ばした。東北大の学生だった頃訪れた寒河江の市役所に行くためである。あの黒川紀章が設計したと言う市庁舎は、たしかに一風変わった建物であった。中には岡本太郎作のオブジェが目立つところにあり、寒河江という場所とどんな関係があるのかちょっと見当が付かなかった。しかも職員に「あのオブジェ岡本太郎?」と聞いても「わかりません」というくらいだから馴染みは薄いに違いない。もやもやした気持ちのまま市庁舎をあとにした。



  


Posted by おさむ茶 at 14:00Comments(2)地域限定ネタ

2006年11月07日

もって風呂

 

 寒河江市では特産「もってのほか」の収穫がピークを迎えています。画像のモデルは、綾小路きみまろのネタに出てくるようなおばさんばかりですがw、「もってのほか」を温泉に浮かべた「もってのほか風呂」をやってるホテルがあります。

 寒河江市内のホテル・シンフォニーさんで、温泉と菊の香りを両方楽しめるというグリコのような企画です。不老長寿によいというウリですが、まだ入ったことはありません。毎日ということではなくて期日限定のようですので、興味ある方はホテルにお確かめを…。
  


Posted by おさむ茶 at 15:11Comments(12)地域限定ネタ

2006年11月02日

たなごめ



 タブン、これも内陸限定の絶滅品種かな?
むかし懐かしいたなごめです、ポン菓子ではありませんよ。カミサンが夕べ作っていました。

  余ったご飯を干したものを、醤油と砂糖を絡めながら炒るだけ。欠食児童だったガキの時代、こんなものでもサイコーのおやつでした。これを作れるのは、昭和30年代生まれ以前かな?あちゃー年がバレてしもうたw。  


Posted by おさむ茶 at 12:38Comments(6)地域限定ネタ